瑕疵担保免責とは?

Pocket

瑕疵担保責任は、家を売る時には当然発生するものです。次に住む方の生活を考えれば当然です。しかし「それはわかっているが、物件自体が古過ぎるので、細かい部分までは責任を取れない」ということも、当然あるでしょう。これは行政も理解しています。

家のスマイル君そこで発生するのが「瑕疵担保免責」というもの。「免責」という言葉で分かる通り「瑕疵担保責任がない」ということです。つまり「物件に何か問題があっても、売買成立後は売り手は責任を取らなくていい」ということですね。

一見買い手に不利なようですが、必ずしもそうではありません。当然ですが、瑕疵担保免責の物件はその分値段が安くなるからです。「多少の不具合があっても、安く住宅が手に入る方がいい」という消費者もたくさんいます。あるいは大工さんやリフォーム業者さんなどで「自分で直せるからいい」という方もいるでしょう。

まとめると、瑕疵担保免責とは「築年数が長い物件などに適用されるルール」で「物件を売った後の瑕疵担保責任がない」というものです。家を売る時、その物件がかなり古い、あるいは相当消耗しているということであれば、瑕疵担保免責を設定して売りに出すのも、一つの選択肢です。その分売却価格は低くなりますが、売った後の安心感は得やすくなります。

Comments are closed.