月別: 2017年11月

Pocket

瑕疵担保責任は、家を売る時には当然発生するものです。次に住む方の生活を考えれば当然です。しかし「それはわかっているが、物件自体が古過ぎるので、細かい部分までは責任を取れない」ということも、当然あるでしょう。これは行政も理解しています。

家のスマイル君そこで発生するのが「瑕疵担保免責」というもの。「免責」という言葉で分かる通り「瑕疵担保責任がない」ということです。つまり「物件に何か問題があっても、売買成立後は売り手は責任を取らなくていい」ということですね。

一見買い手に不利なようですが、必ずしもそうではありません。当然ですが、瑕疵担保免責の物件はその分値段が安くなるからです。「多少の不具合があっても、安く住宅が手に入る方がいい」という消費者もたくさんいます。あるいは大工さんやリフォーム業者さんなどで「自分で直せるからいい」という方もいるでしょう。

まとめると、瑕疵担保免責とは「築年数が長い物件などに適用されるルール」で「物件を売った後の瑕疵担保責任がない」というものです。家を売る時、その物件がかなり古い、あるいは相当消耗しているということであれば、瑕疵担保免責を設定して売りに出すのも、一つの選択肢です。その分売却価格は低くなりますが、売った後の安心感は得やすくなります。

Pocket

女性家を売る時には「瑕疵担保責任」が発生するということは、知っている方が多いでしょう。気になるのは「それが、いつまで続くのか」ということだと思います。この期間が長ければ、家を売った後も安心できませんからね。

瑕疵担保責任の期間は、通常は1年です。新築住宅だと最短10年で、内容によっては20年となりますが、中古物件ではここまで長くありません。内容にもよりますが、基本的に1年となっています。つまり「家を売った後、1年間買い手の方から苦情がなければ、瑕疵担保責任については安心していい」ということです。

現時点で自分が使用していて、特に気になる所がないのであれば、1年間の通常使用では、不具合が出ることはありません。もちろん、物件を買ってくれた買い手さんが、おかしな使い方をしたら話は別ですが、自宅でトラブルが起きて困るのは住んでいるご本人ですから、わざと変な使い方をするようなことは、めったにありません。

まとめると、瑕疵担保責任の期間は「1年」が普通で、これを過ぎたらいわゆる時効となり、安心していいということです。もし家を売った後で苦情が来ることが心配だったら、売る前に不具合の起こりそうな老朽化した部分などを、リフォームしてから売り渡すようにしましょう。

Pocket

家を売る時、瑕疵担保責任がどのような条件で発生するのか、という点が気になる方も多いでしょう。当然ですが完璧な中古物件などないので、些細な傷でも瑕疵担保責任が発生するなら、売るに売れなくなってしまいますからね。

部屋瑕疵担保責任の要件(条件)は、瑕疵が「普通では簡単に発見できないもの」となります。例えば、中古物件を内覧する時、壁紙が汚れているなどのことは、すぐにわかります。また、電気のスイッチがつくかどうかも、普通は確かめるでしょう。さすがにかなり細部の発見しにくいスイッチだったら瑕疵担保責任が適用されるかも知れませんが、それでも生活を始めたら1ヶ月程度で気づくものです。このような「スイッチ」の場合は「10ヶ月程度経過していても気づかなかった」ということであれば、「本人が壊したかも知れない」という疑惑も生まれます。

こうした瑕疵担保責任の範囲や要件についてはよく争いになるのですが、社会通念上「この内容の瑕疵に気づくのに、普通の期間と注意力である」と判断されたら、小さいものでも認められることはあります。小さい瑕疵の場合は、もちろん裁判までいかずに当事者間で解決することが多いです。その他の要件としては、買い手がその瑕疵担保を見つけてから、ただちに検査をすることが必要です。この検査をすぐにしなかった場合、買い手の怠慢にもなるので、瑕疵担保責任が免責となるか、軽減されることもあります。

まとめると「よほど重大な欠陥を隠していない限り、普通に家を売る分には大丈夫」ということです。瑕疵担保責任は基本的に「悪質な売り手から買い手を守る」ルールなので、売り手の自分が悪質でない時は、そうそう大きな問題にはならないということです。


関連する記事

Pocket

家を売る時は、売った後を考えることも大切です。家を売却した後で発生する責任の一つに「瑕疵担保責任」があります。この言葉は知っているけど、「どんな内容なのか」「どのくらいの期間、責任があるのか」などの点が気になる方も多いですよね。

家瑕疵担保責任の内容・要件ですが、「通常では発見できない瑕疵」となります。たとえば柱などの構造部、配管などの部分です。これらはプロが内覧すればわかるかも知れませんが、一般の消費者ではまずわかりません。こうした内容に問題があった場合、買い手は後から「瑕疵担保責任」を、売り手に対して追及できるわけです。

次に瑕疵担保責任の期間ですが、これは通常1年となっています。内容によってはもっと長くなることもありますが、ほとんどの瑕疵担保は1年で時効が来る内容です。これは中古物件の場合で、新築物件なら10年~20年となっていますが、家を売る時はほとんどが中古のはずなので、新築のルールは意識する必要がありません。

また、売りたい物件が古過ぎて「瑕疵担保責任はとても取れない」という時には「瑕疵担保免責」として売りに出すこともできます。これなら、売った後で瑕疵担保責任を追及されることはありません。代わりに、売り出す価格は安くなります。

このように、瑕疵担保責任についてはいくつかポイントがありますが、基本的には「売り手に悪意がないなら、特に気にする必要はない」とも言えます。一応、老朽化していそうな部分はリフォームした方がいいですが、さほど古くない部分まで、過剰に気を使う必要はないでしょう。家を安心して売るために、当サイトの記事で瑕疵担保について理解を深めていただけたらと思います。