カテゴリー: 未分類

Pocket

家を売る時は、売った後を考えることも大切です。家を売却した後で発生する責任の一つに「瑕疵担保責任」があります。この言葉は知っているけど、「どんな内容なのか」「どのくらいの期間、責任があるのか」などの点が気になる方も多いですよね。

家瑕疵担保責任の内容・要件ですが、「通常では発見できない瑕疵」となります。たとえば柱などの構造部、配管などの部分です。これらはプロが内覧すればわかるかも知れませんが、一般の消費者ではまずわかりません。こうした内容に問題があった場合、買い手は後から「瑕疵担保責任」を、売り手に対して追及できるわけです。

次に瑕疵担保責任の期間ですが、これは通常1年となっています。内容によってはもっと長くなることもありますが、ほとんどの瑕疵担保は1年で時効が来る内容です。これは中古物件の場合で、新築物件なら10年~20年となっていますが、家を売る時はほとんどが中古のはずなので、新築のルールは意識する必要がありません。

また、売りたい物件が古過ぎて「瑕疵担保責任はとても取れない」という時には「瑕疵担保免責」として売りに出すこともできます。これなら、売った後で瑕疵担保責任を追及されることはありません。代わりに、売り出す価格は安くなります。

このように、瑕疵担保責任についてはいくつかポイントがありますが、基本的には「売り手に悪意がないなら、特に気にする必要はない」とも言えます。一応、老朽化していそうな部分はリフォームした方がいいですが、さほど古くない部分まで、過剰に気を使う必要はないでしょう。家を安心して売るために、当サイトの記事で瑕疵担保について理解を深めていただけたらと思います。