瑕疵担保責任の期間

Pocket

女性家を売る時には「瑕疵担保責任」が発生するということは、知っている方が多いでしょう。気になるのは「それが、いつまで続くのか」ということだと思います。この期間が長ければ、家を売った後も安心できませんからね。

瑕疵担保責任の期間は、通常は1年です。新築住宅だと最短10年で、内容によっては20年となりますが、中古物件ではここまで長くありません。内容にもよりますが、基本的に1年となっています。つまり「家を売った後、1年間買い手の方から苦情がなければ、瑕疵担保責任については安心していい」ということです。

現時点で自分が使用していて、特に気になる所がないのであれば、1年間の通常使用では、不具合が出ることはありません。もちろん、物件を買ってくれた買い手さんが、おかしな使い方をしたら話は別ですが、自宅でトラブルが起きて困るのは住んでいるご本人ですから、わざと変な使い方をするようなことは、めったにありません。

まとめると、瑕疵担保責任の期間は「1年」が普通で、これを過ぎたらいわゆる時効となり、安心していいということです。もし家を売った後で苦情が来ることが心配だったら、売る前に不具合の起こりそうな老朽化した部分などを、リフォームしてから売り渡すようにしましょう。

Comments are closed.